【相続税の還付】払いすぎた相続税をとりもどす!

相続税 還付

1. 相続税の申告期限から5年以内なら還付請求が可能です。

相続税の申告期限は被相続人の死亡日から10か月です。そしてそこから数えて5年以内であれば、相続税の更正請求すなわち還付手続きを行うことができます。相続税の還付請求は国税通則法という法律で認められた国民の権利ですので、相続税を払いすぎたのであれば遠慮せずに活用しましょう。

 

2. なぜ相続税の払い過ぎが起こるのか?

2-1. 相続税申告に不慣れな税理士先生がたくさん!

相続税の申告をご自身でされた方や、日ごろお付き合いのある税理士先生に依頼された方は、相続税の払い過ぎについて還付請求(取り戻し請求)できる可能性があります。

ご自身で素人考えで申告された方はもちろんですが、税理士にはお医者さんのように専門分野がありますので、法人税や会社の経理が専門の税理士先生ですと、相続税申告には不慣れであることが通常だからです。

なにしろ、日本全国で登録している税理士の数よりも相続税申告数の方が少ないわけですから、平均的な税理士先生が1年に1回も相続税申告を行なっていないことは統計上明らかです。

しかも相続の窓口™が提携しているような資産税専門の税理士事務所年に数百件の単位で相続税申告を行っていることから考えると、街中の相続税専門で動かれていない税理士先生が相続税申告を行うチャンスは、多めにみつもっても数年に1度なはずです。

 

相続税専門でない税理士にご依頼された方は、いってみれば内科医外科手術をしてもらったようなものです。内科医も医師ですから最低限の手術はできるはずですが、その道で活躍している外科医に腕が及ばないことは明らかです。

 

2-2. グレーソーンだらけの相続税申告

相続財産の評価は財産評価基本通達という名前の通達やその他さまざまな基準に基づいて行われます。税理士である以上、ここに書かれた様々な評価減のテクニックを押さえていることは当然なのですが、なにせ一般の税理士先生にとっては年に1度あるかないかの申告です。けっこう見落としがあるのです。

それだけでなく、これらの基準は大変あいまいに書かれていますので、その意味するところが本当のプロでないと分かりません。つまり、その意味するところは裁判所判例国税不服審判所裁決によって明らかにされているのですが、企業の経理専門の税理士先生が、相続税に関する裁判例までしっかりと読み込んで押さえていることはほぼあり得ません。つまりよくわからずに申告されてしまっている可能性が案外否定できないのです。

最近では、これらのよくわからずに申告してしまった税理士先生をターゲットに損害賠償請求をおこなう専門の弁護士まで現れはじめています。

 

2-3. 還付請求だからこそグレーゾーンにもチャレンジできる

けれども還付請求が認められる期限内であれば、相続税を払いすぎてしまった場合でも税理士先生を訴える必要などまったくありません。更正請求をして国から取り戻せばよいだけです。今度はきちんと相続税専門の税理士にお願いしましょう。

また前回の相続税申告で相続税の専門税理士に依頼された方でも、還付の可能性はあります。なぜなら、税理士は税務署の否認を何もよりも嫌いますので、あまりグレーゾーンに切り込んでいない可能性があるからです。しかし還付請求であれば、一度納付した税金について払いすぎた旨の主張が通れば返金される仕組みですから、「ダメ元」で主張してみるという選択もあり得るわけです。もし主張が認められれば納めた数千万円の相続税の全額が返金される可能性もあるほどですからやってみる価値はあるでしょう。

 

3. 相続の窓口™が、還付に長けた税理士をご紹介します。

相続税を払いすぎたのではないか。どうも納税額に納得がいかないとお感じの方は相続の窓口™にご一報ください。お近くの信頼できる税理士をご紹介します。

 

税理士紹介ご依頼フォーム

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です